FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体拘束

 『入院診療計画書』

病棟:2*
    
推定される入院期間:1週間位  (担当医言われた日数

病棟師長:○○*子 担当看護士:■■○雄 (男性の方が言う事をよく聞くと説明した)

病名(他に考え得る病名):脱水・脳梗塞後・認知症・陳旧性心筋梗塞・腰椎圧迫骨折後
                (大腸癌手術や肝臓、直腸に転移‥は 記載されていない)

病状 治療計画:炎症反応上昇と頭部CTでは、多発脳梗塞を認めます 処方調整等を行います
          (当日以降点滴や薬が新たに出たとは聞いていない)

検査内容及び日程:心臓超音波 予定5/27日頃(不明?)

その他:安全・安楽に入院生活が送れるよう援助させていただきます


入院2日目(水)に担当医が決まり 説明を受けた以外 担当医を家族も私も見ていない

11時~4時頃まで私が付き添い 昼食介助 薬ナシ? 

4時~8時頃まで長姉が付き添い 夕食介助 いつもの薬と眠剤を飲ませ 眠ってから帰る

*お世話になっている診療所の先生がちょくちょく見に来て下さいますが・・・

認知症を抑えて欲しいとか 癌を治して欲しいとか 

何も望んでいないから 治療や薬もないのでしょう

せめて 拘束してでも 薬で眠らせてでも  脱水症状だけは 治して欲しい

これは家族のわがままでしょうか?



・・・”身体拘束をしない”と いう説明を聞きました

家の母は 【衣服を脱ぐ・点滴を抜く】前科者ですから

パジャマではなく 自分では脱げない 『つなぎの病院着』をお願いしました

『つなぎの病院着』にセンサーを付けるのも 了承しました 

『引っ掻く』場合の ミトンも了承しました

ベット4点柵 もちろん了承しました


何か起これば すべての拘束を お任せしました 

母の身の安全を第一を考え 弟がサインしました

よく虐待・・虐待・・って聞きますが 

家の場合は 全ての身体拘束をお任せしました


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村





 
      
 


スポンサーサイト

NoTitle

こんにちは。
読ませていただきながら、まろっちさんの
お気持ちを考えると、涙です。

まろっちさん、   世間はほっといて
とにかく、ご自分を信じて 進んでくださいね。
無理かもしれませんが
まろっちさんが、少しでも 眠れますように。
忙しいと思います、お返事はいいですので。

お疲れ様です

うちの婆様も、鼻腔経口管から流動食入れてた時期は、安全の為、ミトン手袋されてました。
治療についての話があると言われて、こっちの都合は関係なく時間を指定し呼び出され、話の殆どは、ミトン手袋や4点柵等の必要性について拝聴させられてただけだったような気がします。
家族としては、あちこち繋がれて、ミトンはめられて、ぐったりしてる姿を見るのも辛く切なかったものですが、病院側の事情や都合も理解出来ますし、了承して、よろしくお願いしますと頭を下げるしかなかったですね。
仕方ないんですよ。
病院に預けた以上、安全第一と言われればそれまでだし。
御家族の皆様も、色々お辛いと思いますが、お母様の脱水症状が良くなって、もう少し落ち着かれて、お家に帰れるといいですね。
今はどうぞ、気持ちと身体を休めて下さい。

こんばんは

まろっちさん こんばんは。
拘束、お辛いですね・・・
私も母の入院の際に、拘束や危険な薬の使用等の書類にサインしました。
その後点滴の時に拘束されていて、手首にあざができていて、とても可哀想に思いましたが、点滴を抜いてしまったりしたら、看護師さん達も大変になるし、仕方ない事なんだと・・・。
まろっちさんもお辛いとは思いますが、今は病院にお任せして、心と身体を休めて下さい。

◆kakaさんへ

いつも有難うございます。

明日 母を連れて帰ってくるつもりです。
少し元気になりベッドに座る事が出来るようになりました
あとは 家でゆっくり大好物を毎日食べさせてあげて・・
施設・病院の順番を待ちます。

退院の話をしたら・・・「わては帰らへ~ん♪」ですって
デイやショートの大好きな母らしい一言!ですが
”子の心 親知らず!” です 
でも 一歩前進します。
お気遣い頂き 有難うございました。

◆POTEさんへ

いつも有難うございます。

結局点滴は入院当日の1回だけしか してもらえませんでした
言いたい事は山ほどありますが
生きて帰れそうですので我慢します

センサーを首の後襟に付けられ
まるで番犬のように首輪に短いリードが引っ張られて
・・・苦しそうで(涙)
少し元気になったので 明日連れて帰ります

諦めずに施設や病院の順番を待ちます

◆紅流美さんへ

いつも有難うございます。

安全の為の拘束ですので わかってはいるのですが
やっぱり 目の前で見ると 可哀そうで・・・

約束の入院期間が一週間ですので 
明日連れて帰ります 
家でどれだけ水分や栄養が摂れるか不安です
訪看さんや在宅時の主治医に相談してみます

居心地がいいのか?帰りたがらない母・・・です。
帰ってくれば 私自身の体は楽になると思います

NoTitle

義母はセンサーを引きちぎり柵を乗り越えて転倒の繰り返し‥
24時間家族が付き添うように言われました。
拘束してくださってもいいので!とお願いすると‥
退院してもよい!と言われてしまいました。
ペースメーカーをつけないと危ないと言われての紹介の入院なのにどうして?
と質問すると‥
この調子では手術をしたあとの看護が無理なので予後を補償できないから!とのことでした。
ごもっともですが、見離されたと感じました。
実際にどんどん悪くなっていきました。
命を守る視点での拘束は仕方ないケースがあるのだと思います。
拘束されている姿はとても辛いものです‥
されている!と受け止めずに治療の一環として考えたいと思います。
何も治療してもらえなかった義母のことを思い出してしまいました。

◆い~よんさんへ

コメント有難うございます。
お久しぶりです いつも読み逃げで失礼しています

お義母様の時に辛い思いを・・・。
介助・介護・拒否の激しい患者は病院が拒否し
見捨てられるんですね
拘束してでも治療をし 寝たきりになっても
生きていてほしいと思いましたが

もうどうしょうもありませんので
後は薬で穏やかしてもらいたいです

Secret

プロフィール

まろっち(ちぃぶぅ)

Author:まろっち(ちぃぶぅ)
母と二人暮しです。

春 時計

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。